昭和 6年   
         
         

東京日日新聞(府下版) 昭和6年  
色分けの凡例
飛行第五大隊/連隊/戦隊 第四航空教育隊    
陸軍航空本部技術部
/航空技術研究所
陸軍航空本部補給部立川支部
/陸軍立川航空支廠
/立川陸軍航空廠
陸軍航空技術学校
/東京陸軍航空学校
陸軍航空工廠
行幸、行啓
石川島飛行機製作所
/立川飛行機
中島飛行機 昭和飛行機工業 瓦斯電気工業
/日立航空機
新聞社関係  日本航空輸送
/大日本航空
日本飛行学校
御国航空練習所/御国飛行学校
学生航空連盟
訪日機
 
訪欧機
 
太平洋横断機
 
満洲を除くその他の国への
訪問機
航空神社 航研機 ニッポン号 献納機


日付 記事タイトル 記事サブタイトル キーワード
昭和06年01月06日(1)耐寒演習の 偵察機十台九日羅南へ空輸厳寒の北鮮の野に行われる陸軍航空技術部の耐寒飛行演習;航空本部技術部より120名;八八式偵察機2台
昭和06年01月06日(2)立川機一斉 初飛行民間機はけさ飛行第五連隊;各中隊一斉に初飛行;民間機は今日のはず
昭和06年01月06日(3)立川から 六機参加陸軍観兵式に陸軍始観兵式に行われる陸軍機の空中分列式;所沢飛行場に勢ぞろい;五連隊からは乙式一型六機
昭和06年01月06日(4)航空関係大官 視察出発所沢陸軍飛行学校の荒蒔中将;日本航空輸送の会社旅客機で、;立川を発ち平壌へ
昭和06年01月06日(5)未曾有の難航雪に悩んだ元日の定期空輸 お客大繁盛七十三名日本航空輸送会社;遊覧飛行は元日二十名;三日七十三名;元日の上り便は雪により難航(小川操縦士)
昭和06年01月12日湘南・空の旅飛行学校の定期飛行 四月より週三回に日本飛行学校;東京ー伊東ー下田ー清水港間定期飛行;月、水、金の週三回に
昭和06年01月13日耐寒飛行操縦士十一日;立川を出発
昭和06年01月29日飛行機練習中の北村兼子さん日本飛行学校;世間の冷眼視を尻目に
昭和06年01月31日民間定期飛行は 予想外の進境羅南から帰った両少将談陸軍航空本部航空技術部長福井少将と同総務部長毛内少将;旅客機で帰京
昭和06年02月04日この前以上の 難航を覚悟けさの壮図を前に 富士越えの小川飛行士談日本航空輸送会社;富士山頂への食糧投下冒険飛行;使用機はフォッカー三M(J-BBZO);小川飛行士;鈴木機関士
昭和06年02月08日(1)富士山頂食糧投下は 愈々けさ決行日本航空輸送空会社;富士山頂食糧投下
昭和06年02月08日(2)郵便物投下試験 落下傘は好成績許可を待つ日本空輸日本航空輸送会社;東京−大連線航路都市への郵便物投下試験;落下傘は時限落下傘
昭和06年02月20日エアー・ガール十名の 同乗飛行は来月一日頃使用機は愛知式AB一型東京航空輸送社;日本飛行学校;エアー・ガールの同乗飛行試験
昭和06年03月02日(1)春めき立川のエアーポート賑わう日本航空輸送会社;遊覧飛行に廿五名
昭和06年03月02日(2)新飛行中佐旭川でスキー練習飛行第五連隊;耐寒飛行の指揮官、新中佐;偕行社裏の春光台付近でスキー練習
昭和06年03月17日(1)法大生練習開始 この十八日から六名中から一操縦士選定法政大学の訪欧飛行の練習飛行
昭和06年03月17日(2)北村兼子さんが 一人前の操縦士飛行時間累計十一時間余日本飛行学校;北村兼子
昭和06年04月08日きのう立川に着いたユンカースK三七型機(記事別面)
昭和06年04月09日きのう立川の万能機性能試験陸軍航空本部技術部;古谷航空本部長;井上大将;渡辺台湾軍司令官;三菱の武田氏;リステック操縦士;シヘンメットラ氏
昭和06年04月10日タコマ市号を前に本家争いの両鳥人アッシ;朴敬元;ショート;北村兼子
昭和06年04月11日あす晴れの空中結婚用意は万端空中結婚;日本航空輸送会社の第一格納庫内で披露の宴;新郎岩崎鐐平君、新婦河口ひさこさん
昭和06年04月12日(1)法政機発動機検査法政大学の訪欧機いよいよ完成;発動機検査;四日中に標識・記号・色彩を決定
昭和06年04月12日(2)各務ヶ原−立川間 四十五分新鋭の戦闘機 性能公開飛行川崎飛行機製作所;陸軍航空本部技術部で性能試験飛行を公開;各務ヶ原立川間を四十五分で翔破
昭和06年04月17日(1)アッシュ大尉 きのう立川へタコマ市号;アッシュ大尉;タコマ市号を簡単に整備;ショート氏は姿を見せず
昭和06年04月17日(2)法政飛行士が訓練飛行法政大学では訪欧機の機体に塗る色と関係方面のマークが決定せず;試験飛行とまで運ばない;同型の石川島R三型機を借り受けて訓練飛行を開始
昭和06年05月02日淋代空輸も近く けさ地上試験アッシュ氏の横断機アッシュ氏の太平洋横断飛行;タコマ市(改名パシフィック)号
昭和06年05月08日(2)床しい飛行場風景御国飛行学校の藤田練習生;アブロ機を操縦着陸の際誤って機首を地上に激突、転倒;藤田君は操縦席から投げ出されて;微傷も負わなかった;全民間鳥人達が総がかりで押して
昭和06年05月08日訪欧法政機 展墓飛行使用機完成;R三型機による野外訓練飛行;前学長松室致氏の青山墓地を空中からお参り
昭和06年05月14日法政訪欧機が けさ参宮飛行法政大学の訪欧飛行機;伊勢参宮飛行;羅針盤の修正
昭和06年05月15日きのう参宮飛行訪欧法政機と両飛行士;青年日本号
昭和06年05月17日立川飛行場の見学者が多い婦人の見学は特に多く、航空時代だと感心;サルムソンJ-BSIB;アブロ
昭和06年05月19日(1)法政機の 訪欧準備鄭氏が先発学生航空連盟の副会長鄭審一氏は日本航空輸送会社の旅客機で西下;準備のため欧州に向かう
昭和06年05月19日(2)ア氏第二回の試験飛行トーマス・アッッシュ氏;パシフィック号を操縦;第二回の試験飛行
昭和06年05月22日ミス朴敬應サルムソンの単独飛行に成功日本飛行学校;二等飛行士朴敬應嬢;サルムソンの単独飛行を行った;朴敬元
昭和06年05月24日練習生の乗った 飛行機墜落機首大破・搭乗者は無事日本飛行学校の熊谷悌司君と助教官中村飛行士のアブロ機;J-B○○B
昭和06年05月27日河中へ墜ち両翼が吹っ飛んだ夢 あはれ正夢の市丸飛行士御国飛行学校の市丸飛行士;両翼が吹っ飛んだ夢;J-BAPD
昭和06年05月29日(1)けさたつ青年日本號本社機や各大学機が 箱根まで見送飛行熊川;栗村量飛行士;立川飛行場は私達の生みの親
昭和06年05月29日(2)訪欧「青年日本号」の首途栗村法政飛行士;熊川飛行士;花束;中島町長;町長令嬢とし子さん
昭和06年05月30日見送る立川小学生きのうアッシュ機を
昭和06年08月13日トラック六十台で 羽田へ引越し日本航空輸送が廿日から日本航空輸送会社;十六日の日曜より遊覧飛行を中止;一トン半の貨物自動車を一日十輌動かして六日間を要する;同社の引越しは卅三家族
昭和06年08月14日立川飛行場が羽田へ引越し日本航空輸送会社;廿日より移転開始;当日十台の貨物自動車で運搬を始めた
昭和06年08月15日大型機の離着陸は 今後も立川で行う羽田飛行場は狭くて駄目 格納庫は存置東京国際飛行場;同社の立川飛行場にある大格納庫は存置
昭和06年08月16日立川飛行場跡へ 中島製作所の誘致計画中島立川町長らが極秘裏に奔走当局国際飛行場の移転;中島飛行機製作所の誘致を計画;中島町長の談
昭和06年09月02日滑走中故障を生じ 練習機追突す立川飛行場の珍しい事故 搭乗者四名は無事日本飛行学校のアブロ機、J-BAMB;アンリヨ機;伏見飛行士談;中村飛行士談
昭和06年09月22日太平洋横断飛行 廿六日頃出発かハーンドン、パングポーン両氏 タンクの増設急ぐ太平洋横断飛行を許可されたハーンドン;パングポーン両氏;エバンス氏の援助を受けて補助タンク増設に着手;早くて廿六日に立川から淋代へ空中輸送;町長ら見送り;記念の花束を贈呈
昭和06年09月xx日初めから成功は 疑われていた安否不明のマッヂ号に 立川航空方面の話クラシナ・マッヂ号;操縦士の女房役の航空士が同乗していない
昭和06年10月23日朴さんの首途に練習生の暖かい手伝い小泉逓相等の後援;朝鮮訪問飛行を計画中の日本飛行学校、朴敬元飛行士;同校で使用機サルムソンを整備中;仲間の練習生たちが整備を手伝い
昭和06年10月24日立川飛行場から 羽田に移る格納庫お先に本社の格納庫東京日日新聞社
昭和06年11月13日(1)動員令に血湧く 本懐!勇士の腕成り 立川連隊十五日出発名誉の指揮官立松少佐飛行第五連隊;十一日夜;四つ所飛行第五連隊に満蒙駐屯軍として出動内命下り;第二大隊長立松少佐;出動人員は○○名;十五日出発と決定;平壌飛行隊の一部交代として出動
昭和06年11月13日(2)勇士の声朗らか戦時気分に沸き立つその夜飛行第五連隊;連隊長辻大佐の人選
昭和06年11月14日(1)関東郡飛行隊として 凍る北満へ先発隊の二将兵はけさ出発 み国のために『まず健康!』飛行第五連隊;満洲出動部隊;立松少佐
昭和06年11月14日(2)国民の後援に 背かぬ覚悟わが立松少佐の言葉飛行第五連隊;下志津飛行学校の長嶺大佐の下に統率
昭和06年11月15日(1)輝く門出 銀翼に乗す大和魂 今暁立川を出発御真影を奉拝して壮途に勇む 町を挙げてさかんな見送り飛行第五連隊;東日航空課から記念万年筆
昭和06年11月15日(2)軍人の本懐 心残りなし立松少佐の答弁飛行第五連隊;御国飛行学校;アブロ機;桑畑に逆立ち
昭和06年11月17日(1)その日の派遣兵電車を待つ立川駅ホーム
昭和06年11月17日(2)愈々めざす満洲へ立川飛行連隊の精鋭飛行第五連隊;立松少佐以下○○名;品川駅;東海道を経て広島へ
昭和06年11月20日(1)御国飛行学校;朝日新聞定期航空会;日本飛行学校;日本航空輸送
昭和06年11月20日(2)空の港立川 存続のため民間飛行存置運動 きのう陸軍大臣へ陳情日本飛行学校;学生連盟;新聞社;使用許可が明年三月末で満期
昭和06年11月29日航空技術部に 新聞班新設安井、牧野両少佐担任陸軍航空本部技術部に新聞班;安井;牧野の両少佐;小池大尉の三名が任命;航空本部より野田少佐も来部
昭和06年12月02日けさ立川−京城間で 往復航法研究飛行飛行第五連隊;立川−京城間野外航法研究飛行;二大隊の四機(乙式偵察機);指揮官鈴木中佐
昭和06年12月06日立川機帰る飛行第五連隊;立川−京城間往復飛行;朝鮮にて事故二機(吉備曹長機;久保木軍曹機)
昭和06年12月13日グライダー志知飛行士が自分で造上ぐ所沢町の志知一等飛行士;自ら設計したグライダー;日本航空輸送会社第一格納庫
昭和06年12月19日超重爆撃機は けさ空輸三菱製超重爆撃機;各務ヶ原から立川へ空輸;陸軍航空本部技術部;審査に着手
昭和06年12月20日超重爆撃機の空輸きのう立川で編隊飛行
昭和06年12月22日民間飛行場存続を 年賀状で宣伝立川町民も大喜び日本飛行学校;今年限りのわけでしたが;陸軍のおはからいで、当分立川飛行場に存続できそうです;年賀状